1. HOME
  2. ブログ
  3. 素直さとやさしさと...

素直さとやさしさと...

北村 優香


(きたむら ゆうか)

わたしは長野県渋温泉にある春蘭の宿さかえやという旅館で入社7年目になりました、

北村優香と申します。わたしがなぜ、さかえやに入ったかというと、

家族で初めて旅行に行った石川県の旅館で働く従業員さんがイキイキと働いているように見えたのと、「旅館に泊まる」ことのワクワクさを受けるだけでなく、提供する側もやってみたいな、と思ったことがきっかけでした。

わたしの高校受験合格のお祝いに父と母が計画してくれ、妹たちもみんなで一緒に行きました。

妹の話しになるのですが、わたしが小学1年生のときに、1番下の妹が産まれました。妹は産まれてすぐに手術が必要で、母も妹も産まれてから半年ほど家に帰ってきませんでした。

そして、初めて家にきたとき、妹は足をグルグル巻きの包帯で巻かれ、移動式のベッドで運ばれてきました。あのときの衝撃は忘れることは無いだろうな、と今も思います。

小さい体で幼稚園に入るまで、ずっと車いすで生活していました。ギプスが取れ、歩けるようになり、びっこだけど一生懸命友達に付いていっていました。それでも他の子たちと比べて歩くスピードも歩き方もままならず、幼稚園の運動会も、小学校の運動会も、1番びりっけつでした。分かってはいたけど、なんだかとても悲しくて、代わってやれたら良いのにそれが出来なくて、「莉乃よくがんばったね」と言ってあげることしかしませんでした。

莉乃はかけっこでびりっけつでも、一生懸命みんなに追い付こうと走っていました。

弱音も吐かず、いやだとも言わずに運動会を楽しんでいました。

その姿は、わたしの無駄な心配を吹き飛ばしてくれました。

同じクラスにも、障害を持った子や片親の子いろいろな子がいましたが、一緒に勉強して一緒におにごっこして、一緒にドッヂボールして、そういう時間がわたしの宝物です。

旅館には、そういった宝物の時間を作りに来るためのものだと思ったのです。

そして、さかえやの面接を受けることにしました。団体面接で、6人ほど同じ会場にいました。私は高校時代弓道部に入っていたので、そのことをお伝えしたら、女将さんが「そしたら今、エアで良いのでやってみてもらえますか?」と言ったのです!

私は静かな面接会場で6人の学生と女将さんの前で弓を引きました(笑)

あとから聞いた話ですが、それが無かったら私は今頃さかえやにいなかったそうです。

他にも、同期の子は面接で歌を歌ったりもしたそうです。女将さんや社長は「さかえやの面接では、素直さを見ているんだよ。突拍子もない質問に、はい!分かりました!と素直に言えるかどうか。それがすごく大切なんだよ。」と教えていただきました。

深く考えずに、「とにかく上手く弓が引けますように…!!」と必死になったのが今となっては良かったのかもしれないなと思いました。

そして、無事にさかえやから合格通知をいただきました。高校の終業式で、先生がみんなの前で社長からの手紙を読んでくれたのです!さかえやは、優しい会社なんだなとそのときから思いましたし、友達も「良いところだね、ゆうちゃんのとこだけじゃん!そうゆうふうに手紙書いてくれたの!」と一緒になって喜んでくれました。

そしてさかえやに入社し、まず行った研修が「トイレ掃除」でした。学生の頃もろくにしてこなかったトイレ掃除を、さかえやは素手で行うのです!

素手で便器を触り、便器に手を突っ込み、においや汚れと向き合います。

始めは抵抗しか無かったですが、掃除していくうちに素手の方が汚れが分かりやすいなあ、とかどの部分に汚れが溜まりやすいのか、を感触で感じることが出来ました。

自分でもびっくりするぐらいに意識が「いやだ」から「どうやって落とそう?」に変わったのです。

このトイレ掃除の研修で、今まで苦手なこと、嫌なことから逃げてきたことが多かったなと改めて思いました。受験ギリギリまで勉強しなかったり、家に帰るのがいやで夜遅くまで友達と遊んでいたり、自分が逃げてきたことで親にも迷惑を掛けてきたことが良く分かりました。

そして、さかえやに入り、わたしにとってもう1つの大きな出会いが「ハガキ」でした。

わたしは書くことがもともと好きで、今まで、友達に年賀状を書いたりしていましたが、中学生のときに携帯が流行り、いつしかメールでのあいさつに変わりました。

自分の言葉で伝える「ありがとう」も大事だと思います。

相手の為に自分の時間を割いて書いてくれた「ありがとう」は自分も誰かの力に少しはなれたかな、と元気をいただきます。

自分の字で書いて残る「ありがとう」は、とても素敵な文だなと思いました。

ハガキに出会い、良い同期や仲間と出会い、相手の幸せを願うことや優しさというものが少しづつ分かってきたように思います。

入社した頃の私は、自分の感情のままに遅刻をしたり、先輩に迷惑ばかり掛けてきました。何回目かの遅刻で「お前ともうやりたくないよ。」と言われ、号泣したことでその先輩が怒られてしまったこともありますし、上司に良くない態度を取って、経営コンサルタントの杉井先生から怒られて、「優しい人になりなさい。温かい人になりなさい。」と仰っていただいたことは今のわたしの出発地点だったように思います。

この、経営コンサルタントの杉井先生との出会いも、わたしにはとても大きな出来事でした。杉井先生は、わたしたちと一緒にトイレ掃除研修もやりましたし、自分の会社じゃないのに館内の廊下の飾りつけや庭の木の選定をやってくださいました。

誰かがやらないといけないことを杉井先生は率先して行ってくださっていました。

そして杉井先生が毎月お越しになるときの夜は呑み会があります。

そのときの呑み会で「数字ばかり見ていてはダメだ。社員と関わりなさい。」とか、

「さかえやは本当に変わった」「俺はみんなに幸せになってほしいなあ」とまるで

親のように私たちと関わってくださるのです。

わたしは、社長やそういう偉い方は遠い存在で、あまり一緒に仕事をしたり関わることも

ないのだろうと思っていたのですが、杉井先生やさかえやの社長は父のようにわたしたちのそばで見守ってくださり、時に指導もしていただきました。

そして、年数を重ねていくうちにリーダーという立場を任していただけるようになりました。

今まで、わたしがリーダーの指示の下で動いていたので、今度はわたしの指示でスタッフが動かなくてはなりません。

容量が悪く、初めの方はてんやわんやでみんなを振り回してきてしまいましたが、みんなもそんなわたしを分かってくれているらしく、「北村さん、これ大丈夫?」「北村さん、次

○○やりますか?」と言ってくれるようになりました。

わたしがリーダーになってとにかく大事にしてきたのは「なんでも言い合える環境、みんなで作っていく部署」でした。

心配事が多かったり、忙しくなると眉間にしわが寄ってしまいがちですが、顔色を伺う上司はみんなも気を遣ってしまうだろうと、表情も意識しました。

そしてリーダーになって大きかったのは、「わたしはこの子たちがいなかったら本当に何でも出来ないや」と気付いたことでした、今まで、傲慢に仕事の指示を出したりシフトを

作ったり、「自分はやってる」と思っていたんだと思います。

でも、部下の子がいなかったら、業務を誰かがやらなければ、仕事は回りません。

そのことに気付き、そしたら今度はみんながより働きやすい環境を整えてあげたいと思うようになりました。そして、部下の子が笑っていたり、お客様に指名で喜んでもらったり

することが本当に嬉しいのです。母の気持ちが少し分かったような気がします。(笑)

自分は、さかえやに入るまで自分中心で環境が回っていると勘違いしていたと思います。

社長と出会い、杉井さんと出会い、同期や仲間と出会い、いろいろな経験をさせていただき、人の支えや自分が許してきてもらったことに気付かせていただきました。

これからは後輩やこれから入ってくる子たちに、「あなたは1人なんかじゃない。」ということと周りの支えに気付かせてあげられる行動を取っていきたいと思います。

あなたは一人なんかじゃない

北村 優香
  • プロフィール
    • 長野市川合新田出身
    • 平成24年入社
    • 座右の銘
   

スタッフ一覧

おすすめ滞在スタイル

検索